リスクなく利益を得られる自動販売機設置|省エネ機器でコストも削減

電気代も安い

青い自販機

指定する土地に自販機を設置する場合、設置費用を支払うことはありません。しかし、自販機を稼働させる電力は、土地の所有者が支払わなければならないのです。常時陳列する商品をライトで照らし、提供するドリンクの温度も調整する自販機ですから、電気代も高額な価格となるのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、この自動販売機は意外にも電気代はそれほど高くはならないので、設置した会社へ費用面での負担を掛けることはないでしょう。毎月4000円から5000円程度の費用となるため、会社が支払う経費としては微々たる出費となるでしょう。自販機設置による報酬を差し引いても十分にプラスとなるので、電気代の負担によってマイナスとなることはないのです。

より高い利益が得られる自販機といえば、省エネ機能が付いた機器でしょう。毎月掛かる電気代が安くなれば、受け取れる利益も増えるため、設置をする際は省エネ機能の優れた機器を選ぶとよいでしょう。最新の省エネ自販機といえば、ヒートポンプ式の機器が上げられるでしょう。最新の給湯器にも導入されているヒートポンプ機構は、空気の圧力を調整することで発熱、吸熱を行なうことができるシステムです。従来の電熱器や冷媒を用いたシステムと比べ、消費する電力が圧倒的に低いというメリットがあります。ヒートポンプシステムを導入した自販機は、月の電気代がたったの2000円程度に済ませることができるので、電気代によるコストを大幅に下げることができるでしょう。